美味しいビールはどんな注ぎ方? うまいビールの注ぎ方をご紹介!

みなさん、前回そして前々回のビールについての記事はお読みになって頂けましたか?

この作業をして、正しい方法でグラスに注ぐことで、生ビールが「旨いビール」になるんです。実際に飲み比べてみるとあまりの違いにビックリしてしまうほど!

今回は、『ビールの美味しい注ぎ方』をご紹介します。それでは早速、スタートしましょう。

まず、お客様に提供するビールの味はビールサーバーの清潔度からも影響します。ビールサーバーのお掃除、毎日行っていらっしゃいますか?これだけでも、味には大きな違いが生まれてしまます。

ビールサーバーの掃除はこまめにするようにしましょう!

そしてグラスはしっかり洗居、余分な水分を拭き取ったら逆さにして自然乾燥させましょう。面倒でも自動食器洗浄機などは使わず、グラス専用のスポンジで一つひとつ手洗いしてください。

油分が残ってしまうと、泡がすぐに消える美味しくないビールになってしまいます。

グラスの下の方を持って、45度の角度に傾けてビールを注ぎます。

グラスの7分目までビールを注いだら、グラスをまっすぐに起こします。

ビールと泡の黄金比率は7:3!グラスを起こしたら、慌てずにレバーを泡の方向へ切り替えてください。

静かに優しく泡を注ぐと、泡とビールの間に「スモーキーバブルス」が生まれます。

薄く、層が出来ている部分、これが「スモーキーバブルス」。この煙状の泡が、クリーミーで美味しい泡を生む秘訣なんです!

[左] 適正なガス圧に設定して注いだもの
[右] ガス圧を設定せず注いだもの

左は真っ白で気泡が無いけれど、右は蟹の口からでる泡のようにぶくぶくしていて、少し黄色っぽい。クリーミーな泡かそうでないかは一目瞭然です!

ガス圧を設定しないで注いだビールは気泡が粗く、泡がすぐに消えてしまいます。

ここでちょっとした実験をしてみましょう。5分ほど経過した両方のビールにマドラーを入れて、かき混ぜてみました。

すると正しく注いだビールの泡が再生し、溢れてくるんです!一方でガス圧を正しく調整出来ていないビールはガスが抜けていて何も起きませんでした。

時間に余裕がおったらあなたのお店でも試してみて下さい。

ところで、見た目はさておき、味の方はどうなのか?

きれいな泡で注げたビールはムースのようにとてもクリーミーです!

実は、ビールがあまり得意じゃなかったんですが、生まれて初めてビールの美味しさを知りました。そのくらい、衝撃的な美味しさだったんです。

ビールは少しの手間をかけるだけで劇的に変わります。サーバーのお掃除や温度管理、ガス圧調整は忘れずにするようにしましょう!


※お問い合わせの際は、「飲食店サポートを見た」とご記入ください。

※当記事は、2013年9月24日に公開された「ビールサーバーを洗浄しないと恐ろしく悲惨なことになる[取材記事]」のタイトル・内容を一部編集したものです。

ビールの温度管理、出来てますか?美味しいビールを提供するために知っておきたいこと。

今回は、以前したビールサーバーの話に引き続き「ビールの温度設定」についてレポートしてみたいと思います!

実は、生ビールを提供する時、ほんのひと手間だけで、ものすごーく美味しい生ビールになるんです。

教えてくださったのは、前回に引き続き酒類業務用卸の塩田屋さん。塩田屋さんでは、飲食店さんにビールサーバーを設置する際に、美味しいビールの注ぎ方のレクチャーもしてくださるとのこと。

では、さっそくスタートしましょう!

突然ですが、みなさんのお店では「温度カード」を正しく活用していますか? ビール洗浄の仕方は知っていても、「温度カード」の使い方を知らない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

生ビールを注ぐときのガス圧は、ビールのおいしさを決める大事な要素のひとつ!
樽の温度によって設定すべきガス圧が変わってしまいます。温度カードを使って正しいガス圧に調整できるようにしましょう!。

体温が伝わらないように、カードの端を持ちます

樽の下から1/3程度の場所に10秒ほど当てて、樽の温度を測ります

温度の表示の下に出ている数字が炭酸ガスボンベで設定する正しい圧力の数値です

簡単な作業とあなどるなかれ!これをきちんと行わないと、大きな気泡だらけのマズいビールになってお客さんが逃げてしまうかもしれません!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

気泡だらけのビール、美味しくなさそうですよね・・・

簡単だけど大事な基本、しっかり守って「もう一杯!」と言わせる美味しい生ビールを提供してくださいね。

次回は、おいしい生ビールの注ぎ方を特集してみます。
どうぞお楽しみに♪


※お問い合わせの際は、「飲食店サポートを見た」とご記入ください。

※当記事は、2013年9月18日に公開された「[取材記事] 泡が粗い生ビールを出す飲食店はお客さんが逃げる!?」のタイトル・内容を一部編集したものです。

日本発ベルギー経由!?『和の馨るエール【馨和KAGUA】』シリーズを飲んでみた。

ここ数年ですっかり定着した「クラフトビール」。今や国内でも数々の醸造所が様々な種類のクラフトビールを作り、味わいも各醸造所工夫を凝らしています。

その中で特に飲食店からの評価が高いFar Yeast Brewing株式会社さんの『和の馨るエール【馨和KAGUA】』シリーズ。

このFar Yeast Brewing株式会社さんの『和の馨るエール【馨和KAGUA】』を飲食店サポートスタッフメンバーで飲む機会があったのでレビューしてみたいと思います!
続きを読む →

シウマイや鳩サブレだけじゃない!神奈川の野菜や肉がおいしい理由

人口350万人を超える横浜市があり、都会的なイメージのある神奈川県。
名産品というと「崎陽軒のシウマイ」「中華街」「鳩サブレ」を思い浮かべる人も
多いと思いますが、実は農作物がたくさん採れる土地ってご存じですか?

その理由のひとつが「水」。
神奈川県は、じつは水資源がゆたかな場所なんです。
続きを読む →

「美味しいビール」がお客さまを呼ぶ!?いつでも美味しいビールが出せる『パーフェクトビール』はこちら。

パーフェクトビールとは?

ビールは、注ぎ方・管理方法で味がまるっきり変わります。

パーフェクトビールとは、鮮度はもちろんのこと、温度やガス圧、サーバーの
メンテナンスまで徹底的に管理が行き届いた最高品質の美味しいビールのことを言います。
その味は、普段全くビールを飲まない人が30分でジョッキ3杯も飲んでしまうほど。

【パーフェクトビール】の認定を受けることで、どんなお店でも提供が可能です。
続きを読む →