726 views

厳選素材とこだわり製法で上品で旨みのある出汁を!天栄食品の粉末出汁

全国トップクラスの雑節生産地、熊本県牛深産の出汁

最近、ラーメンの出汁として豚骨や鶏ガラだけでなく、煮干しも人気ですよね。

今回ご紹介するのは、そんなラーメンのスープやうどんの出汁など、様々な料理に活用することのできる熊本県天草市牛深町で作られている雑節の天栄食品の出汁粉末とパックです。

牛深はイワシ節や鯖節など、鰹以外の魚で作られた節である雑節の全国トップクラスの生産地で、品質には定評があります。

天栄食品の出汁は雑節の中でも”牛深産ウルメイワシ”をメインに使用しているんです。


牛深産のウルメイワシは出汁にした時に黄金色に輝きます。

また、旨みが強く上品な香りが特徴です。癖も少なく、甘みがあることから、うどんの出汁や煮物などによく使われます。

今回ご紹介する「天栄食品」の粉末出汁は、天栄食品が牛深漁港前に立地していることもあり、水揚げされたばかりの鮮度抜群のウルメイワシを使用しています。

また、粉末状になっているので、イワシの頭やハラワタを取る手間もなく、手軽に利用することができますよ。

パック加工してあるものは濾す必要がないので、大量に出汁を取る際に、粉末状のものはふりかけとして使ったり、分量を調整したいときに便利です。

香り高い燻製出汁とは

こちらが天栄食品の「燻製だし」。魚を煙で燻すことにより、生臭さがとれます。また、燻製特有の香ばしい香りが食欲を倍増させてくれます。

また、加工したときの魚の鮮度も良いので、出汁を取った際の嫌な臭いや濁りなどもありません。

燻製している分、香り高いので、ふりかけとして利用もできます。
実際にお好み焼屋・たこ焼き屋などとの取引もあるそう。
鰹節を使うよりコストも抑えられるのではないでしょうか。

ふりかけとして使ったり使う分量を調整したいときは粉末を、出汁をとるときは一つずつパックになっているものを、用途によって使い分けられるようになっています。

煮干し出汁もパックと粉末で

こちらは燻製していない煮干しだし。一般的に煮干しとして使用されているのはカタクチイワシですが、天栄食品の出汁はウルメイワシを使用しているので、苦味が少なく、上品な甘みを感じることができます。

また、ウルメイワシは旨味成分のイノシン酸やカルシウムが豊富と言われており、化学調味料や添加物も使っていないことから、病院や給食センターなどとも取引実績があるそうです。健康をテーマにした飲食店などでも役立つのではないでしょうか。

天栄食品のブレンド出汁は様々な料理に活用!

こちらは天栄食品の「節屋のだし」。

牛深産のウルメイワシを中心に鰹、鯖、昆布、椎茸をブレンドし、パック加工したもの。

鹿児島県産の鰹や北海道産の昆布など、一級の厳選素材を独自の黄金比率で配合しており、旨みの相乗効果を狙って作られた商品です。
深みのある出汁となる上に、醤油や塩などで薄く下味をつけているため、調理時に時間短縮ができます。

ぜひ天栄食品の出汁パックと粉末を使ってみては?

新鮮で厳選された素材を使用して作られた牛深産の出汁は、独特の臭みや苦味を軽減し、上品な旨みがある上に、調理する際の時間短縮や大量に出汁をとる時に大変便利だということがわかりました。

ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?