545 views

10,000企業が使っているツールを飲食店が使ってみたら、メーリングリストがいらなくなるって本当?

オーナーや店長への毎日の報告や売上日報、皆さまは日ごろどのように行っていますか?

「お客様からの声やお店の状況をリアルタイムで送りたいけれど、ゆっくり電話している暇がない」
「毎日いろんなFAXや連絡が入りすぎて、どれがどれだか、情報が混乱してしまう」
「いちいち報告書などをまとめて送るのは正直面倒」
「メーリングリストなどでたくさんメールが届くのが鬱陶しい」

そんな現場の悩みを一挙に解決するが「トークノート」です。

Retina 8430427049 fe99fc1a2d z
出典:https://talknote.com/

「トークノートは、PCやフィーチャーフォンでのWebアクセスや、スマートフォンのアプリを使ってやり取りできるコミュニケーションツールです。
Twitterやfacebookなどのようにメッセージを投稿することで、その日にあった出来事や連絡事項をリアルタイムで確認できるため、店にいなくてもお互いに情報共有ができます。
また、必要事項を忘備録としても活用できるため、起きた出来事を箇条書きのメモとして登録しておけば、マニュアルを作成したり、報告書を作成する時の時間短縮をすることもできるでしょう。

⇒【トークノート】の詳細はこちら

知りたい情報を見たい時に一覧で見て共有できる「トークノート」は、多くの飲食店で活用されています。

【飲食店活用事例】

●レスポンスによる「見えるコミュニケーション」
⇒株式会社アントレスト様(店名:「さくらさく」「つみき」)の導入事例はこちら

●アイディアを即決裁「稟議書なしのスピード結論」
⇒エムグラントフードサービス様(店名:「ステーキハンバーグ&サラダバーけん」他)の導入事例はこちら

●情報共有による「チーム力と改善スピードの向上」
⇒株式会社セクションエイト様(店名:「居酒屋はなこ」 「韓国厨房チョアチョア」他)の導入事例はこちら

コミュニケーションを円滑にしたいとお考えの方、ナレッジ共有の向上を図りたいとお考えの方は、ぜひ業務にお役立てください。

■【トークノート】に関するお問合わせ
トークノート株式会社
Webからのお問い合わせはこちら