414 views

ランチのデザートにピッタシ!カットするだけの本格スイーツ業務用プリンをご紹介。

ランチタイムに提供するデザートメニュー、どうしていますか?ランチタイムに提供するデザートは一皿あたりの量が少ないとはいえ、ランチ営業が終わって見てみると結構な量のデザートを消費してしまった、なんてことありませんか?

他にも
「これ以上ランチで出してしまうとディナーの分がなくなってしまう」
「仕込まなきゃいけないものが多く、デザートまで手が回らない」
なんてこと、ありませんか?

そんなときにおすすめしたいのが守山乳業さんの業務用デザート!守山乳業さんの業務用デザートは忙しいランチタイムにもピッタシのカットするだけで提供できてしまう優れもの!

しかしカンタンに提供できるからって美味しくないと意味がないですよね。そこで今回は守山乳業さんの業務用デザートを試食!その時のレポートをしてみたいと思います!

ランチタイムにピッタシ!守山乳業の業務用デザートを試食!

今回ご紹介する守山乳業さんの業務用デザート、『本格スイーツと引けをとらない業務用プリン』なんて噂もあるほど。さらに「チョコレートプリン」や「パンナコッタ」、そして期間限定の「いちごプリン」など様々な種類が揃っています。

その中でも今回は「チョコレートプリン」を試食!(現在はチョコレートプリンプラスとして販売されています。)


はい。ということでこちらに横たわっている大きなパックが噂のチョコプリン。第一印象は「で、でかい!」。

飲食店にとってどれだけポーションを取れるかも、業務用の食品を扱う時は大事なポイントになってきますが、これはなかなかのサイズ感ではないのでしょうか!

ということでさっそく両耳をハサミでカット。「つるんっ!」と抵抗もなく大きなお皿に滑り混みました。ツヤツヤぷるぷるの見た目だけで、すでに美味しそう、、、、。

とりあえず5cm角くらいにカットすると、8等分できました。ランチタイムで使うならもう小さく、一口サイズでもいいかもしれません。

今回はひとつをお皿にのせ、ホイップクリームでおめかし。うん。カワイイ☆ このビジュアルは女子受けしそうです!

見た目も整えたところで肝心なお味の感想を。「パクッ!」とひと口でいただきます。

「!!!!!!!」

一瞬で広がるチョコレートの香りと、濃厚でクリーミーなしたリッチな舌触り。「これホントに業務用?」と、もう1度パックを手にとって確認。うん、間違いない。上に乗せた生クリームの濃厚さに負けない、しっかりしたお味が楽しめます。

じゃあ、ちょっとここまで振り返ってみましょう。

「パックをカット→お皿に出す→カット→お皿にのせる→盛り付けをして完成」

生クリーム乗せても1分足らずで出来てしまうのではないでしょうか?サイズ感もしっかりあり、カンタンに提供出来てしまう。これはランチタイムにぴったしではないでしょうか?


今回は生クリームであしらってみましたが、守山乳業さんのサイトに載ってる美味しいレシピを見ると、な、なんと!

「1度溶かして→型に入れて→冷やし固める」オリジナルスイーツバージョンもあるんです!!

しかも鍋に入れて煮溶かす、またはレンジで約30〜45秒ほど温め、好みの型に入れ固めるだけ。あっと言う間にオリジナルのスイーツ完成が完成してしまいます。

ランチの後のデザートに、こんな美味しいプリンがお洒落なグラスに入ってたり、お皿の周りに可愛く飾り付けして提供すれば「美味しくてカワイイデザートのお店があるよ」なんて口コミが期待できてしまうかも?

未開封なら製造日から120日間常温保存できるので、長期保存も可能。他にも色々種類があるので、守山乳業さんのサイト見てお店に合うのプリンを探すことも出来ます!

※当記事は、2014年4月15日に公開された「【試食体験】カットするだけで本格スイーツの本領発揮ぶりがハンパない 業務用プリンを食べてみた。」のタイトル・内容を一部編集したものです。