水道にポン付け。水洗いだけで洗浄殺菌が可能になる「ピュアスター」

食品工場レベルの衛生管理を手軽に実現。

希釈の必要も、乾燥を待つ必要もなく、匂い残りもないので水道水のように手軽に殺菌できる「微酸性電解水生成装置 ピュアスター」のご案内です。

設備改修のような大規模工事は不要。簡単作業で水栓に設置するだけで、水道水とお同じ手軽さで使用できます。
「ピュアスター」が生成する「微酸性電解水」は食品添加物指定もされているので口にしても安全です。
そのため、水洗い感覚で飲食店の衛生管理を実現します。

殺菌効果が高いのに水のように安心安全に使える

ピュアスターが作り出す「微酸性電解水」は、従来の「アルコール」や「次亜塩素酸ナトリウム水溶液」よりも手軽に使える上、「高濃度塩素系殺菌料」のように設備に影響を及ぼす事もありません。
塩素系殺菌料でありながら、手や食材、設備への影響を心配する必要がなく、厨房器材のウイルス対策を「水洗い」だけで対応できるのが「ピュアスター」が作る「ピュアスター生成水(微酸性電解水)」です。

何故「ピュアスター生成水」は安心なのか

ピュアスターはもともと食品工場の衛生管理のために開発されました。
工場の機材や床などのあらゆる場所を「ピュアスター生成水」で洗浄するだけですすぎの必要もなく、除菌を実現します。

しかも、「ピュアスター生成水」は塩素臭などの匂いも殆どなく、食品添加物に指定されていることもあり、厨房設備やフロアの什器だけでなく、食材の洗浄にも使用することができます。

導入飲食店の声

実際にピュアスターを導入した飲食店『re:Dine GINZA』の事業責任者:米山 健一郎氏に感想を聞いてみました。

ーー最も小型の「μ-CleanⅡ(ミュークリーンⅡ)」を導入されました。導入にあたっての感想はいかがでしょうか?
米山:キッチンの水道に接続する形で導入しています。機械はシンク下に置けるサイズだったので、水栓とコンセントから電源(100V)をつなぐだけで使えるので、簡単に導入できました。

厨房内、μ-CleanⅡ設置の様子:シンク下に設置

ーー具体的にどの様に使用していますか?
米山:「食材の洗浄」「ダスターの洗浄」「スプレーに詰め替えて店内の清掃」などに使用しています。
様々な食材を使用するので、匂い残りの心配なく水道感覚で使えるのはありがたいです。

使用例:匂い残りなく除菌できるので食材にもそのまま使用できる。

また、キッチンのみでなく、テーブルや床などあらゆる場所の清掃に使用していますが、他の洗剤を使わずに直接吹きかけて汚れをおとせたり、除菌できたりするので非常に使いやすいです。

使用例:『re:Dine GINZA』で実施中の「サラダビュッフェ」の野菜洗浄に使用

特にre:Dine GINZAでは産直野菜のサラダビッフェを行っています。
無農薬野菜も多く、野菜の味を損なわず殺菌洗浄出来るので非常に重宝しております。

ーーノロウィルス対策などで多くの飲食店に採用されている次亜塩素酸ナトリウム水溶液と比較して、使いやすさに違いはありますか?
米山:次亜塩素酸ナトリウム水溶液のように塩素臭が残る事もありません。
敏感な方は若干塩素臭を感じる事があるようですが、水拭きと同様に乾燥すれば匂いも消えます。薬剤でスタッフの手が荒れる事もなく、使い勝手は非常に優れていると思います。

使用例:ピュアスター生成水をスプレーに入れ、店内の拭き掃除に使用。水拭き感覚で除菌できる。

ーーピュアスターは機種によって生成能力が違いますが、一番小さな機種を使用していて、不足を感じる事はありますか?
米山:導入機種(μ-CleanⅡ)は1日あたり3トンの生成能力があります。現在は一般的なカフェ業態よりは水の使用量が多いかと思いますが、生成水が足りなくなった事はないです。

使用例:充分な生成量があるので、手指の洗浄など気軽に使用できる。

ーー導入から半年ほど経過していますが、液剤(ミュークリーンメイト)はどのくらい消費するものでしょう?
米山:ミュークリーンメイトは1パック1kg程度なのですが、1ヶ月に1度補充しています。月に1度、パックを入れ替えるだけなので、あまり苦労はしていません。

「微酸性電解水生成装置 ピュアスター」

お問い合わせはこちら

★★★販売開始から20年を超える信頼と実績あり★★★
森永乳業の工場の衛生管理をする為に開発された微酸性電解水生成装置
■商品特性について
○微酸性電解水は食品添加物殺菌料に指定されており、食材はもちろん、厨房内で使う調理器具類、床壁清掃などにも幅広く活用できます。
○主な食中毒菌(大腸菌0157、黄色ブドウ球菌等)やノロウイルス、インフルエンザウイルス、カビにも効果があります。
○塩素系殺菌料でありながら、低濃度で塩素のニオイも少ないため、作業者への負担も少なく、調理作業中でも除菌作業が可能になります。
○装置のセンサー部に手をかざすだけで微酸性電解水が出てくるため、殺菌料薬剤の希釈の手間を省き、濃度管理も楽になり、従業員の衛生作業の均一化に貢献します。
○使用方法は、対象物の汚れを落とした後のすすぎ水に微酸性電解水を活用するだけ。日常作業の水すすぎが除菌作業になります。
■スペックについて
[品番:P2A ]
[製品サイズ:幅287×奥行150×高297 ±5(mm)]
[本体重量:2.7kg]
[容量:1時間あたり300L 微酸性電解水生成]
[素材:プラスチック(ABS)]

佐世保のミカンで育った高品質な「九十九島とらふぐ」が登場。

とらふぐ養殖量日本一の佐世保から「九十九島とらふぐ」登場。

長崎県佐世保市は「とらふぐ養殖量」日本一。
200を超える島々から栄養豊富な川水が流れ込み、複雑な地形により潮の流れが安定した九十九の海域は、数多くの魚介が集まる豊かな漁場でもあります。
その豊かな環境で育てられる「九十九島とらふぐ」は、佐世保市の特産品でもある「西海みかん」を添加した餌で丁寧に育てられています。

「九十九島とらふぐ」に「西海みかん」を与えることで、とらふぐの血流がよくなり、健康で身が引き締まり、天然物にも劣らないとらふぐとして成長します。

九十九島漁協にて加工し納品

九十九島漁業共同組合での捌きの様子。

「九十九島とらふぐ」は、可食部のみ「身欠き」で納品されるため、ふぐ調理師の免許をお持ちでない方でも手軽に取扱い可能です。
メインの一品としたり、他の食材と合わせたりと使い方が広がります。

>> 九十九島漁業共同組合 <<

「九十九島とらふぐ」導入飲食店に聞きました

完全会員制の「焼かない焼肉店」として人気の『29ON 池袋店』では期間限定イベントとして「低温調理肉ととらふぐ企画」を開催。

「和牛とふぐ身のお吸い物」

『29ON 池袋店』の久保田シェフに実際に「九十九島とらふぐ」を導入した感想を聞いてみました。

『29ON 池袋店』久保田シェフ

ーーコースの8割に「九十九島とらふぐ」を使用するという実験的な企画でした。実際に使った感想はいかがでした?

九十九とらふぐ メニュー
「和牛サーロインとふぐの落とし」

久保田:
身欠きの状態だけでなく、てっさであったり、唐揚げであったり、即調理に使える状態で納品されたのが便利でした。とらふぐのプロである漁協の方が処理しているので、品質面でも安心です。

ーーお客様の反応は?

九十九とらふぐイベント

久保田:
大変好評でした!
低温調理肉がメインの『29ON』グループの中で、池袋店は「低温調理肉と魚介類をマッチングさせた和食」というコンセプトのお店です。当然お客様もその完成度に期待して来店されるのですが、当店の常連様を含め、ほとんどのお客様にご満足頂けました。「身が柔らかい。」「爽やかな後味を感じられて美味しい。」などのお声を頂いています。

飲食店が使いやすいブランドふぐ「九十九島とらふぐ」

お問い合わせはこちらから

メニューの幅が広がる!「キッコーマン ステーキしょうゆ」が飲食店に選ばれる理由とは?

みなさんのお店では、お肉や野菜などの“ステーキ”にどのようなソースを使っていますか?
市販のソース、自家製のソースなど選択肢がたくさんあるため、メニューに導入する際には何を使うか悩まれる方も多いのではないかと思います。

今回は、「ステーキソースは既に他のメーカーのものを使っている」「自分で作っている」という方にもまずは一度お試しいただきたい「キッコーマン ステーキしょうゆ」のご紹介です。
お肉のステーキだけでなく幅広い食材に利用でき、メニューの幅が広がる飲食店サポート一押しの商品です。 続きを読む →

たった一粒で生まれる高級感!“生タイプ”の「粒こしょう」がメニューの幅を大きく広げる

皆さんはプチッとはじけるような食感の“こしょう”を食べたことがありますか?

黒くツヤがあり、香りも華やかな生タイプの「粒こしょう」は、添えるだけで料理に高級感を与えてくれます。

ローストしたお肉や生牡蠣など、シンプルなお料理も添えるだけでお洒落な1品に…!どんな素材とも組み合わせやすく、使い勝手の良い新感覚のスパイスです。 続きを読む →

約150秒で作れる“本格ピザ”で売上アップ!?オーブン感覚で使用できる業務用「コンパクトピッツァ窯」

「ドリンクやケーキだけの注文が多くて、食事メニューがなかなか出ない…」
「軽いおつまみメニューはあるけど、しっかり食べられる食事メニューは無い…」
とお悩みの方はいませんか?
特に、カフェやバーのオーナー様に多いのではないかと思います。

ドリンクに加えて注文できる魅力的な「食事メニュー」を用意することは、お店の売上アップだけでなくお客様の満足度アップにも繋がります。 続きを読む →

世界一辛い?!狂辛の一味・七味『舞妓はんひぃ〜ひぃ〜』

うどんや蕎麦などの和食に活躍する香辛料と言えば一味・七味ですよね。

今回ご紹介する京都発『舞妓はんひぃ〜ひぃ〜』は、一味・七味ですが、イメージするものとは辛さのレベルが違います!
なんと商品のパッケージに書いてあるのは「狂辛」という文字…! 続きを読む →