最短2日でスマホ・パソコンから資金調達ができる!「クレジットエンジン」内山誓一郎社長にインタビュー!

「営業中に急に設備が壊れた!」「急に客足が鈍って資金が回らない」など、急にまとまったお金が必要になった経験はありませんか?
また、「いざという時に借りられるお金をストックしておけたら」などと思ったことは?

そんなとき、金融機関で借り入れをしようとすると必要書類の準備や審査に時間がかかります。
必要なときまでに入金されない!なんて問題が起こることも。

2017年1月にスタートした「LENDY」は、スマホやパソコンで必要事項を入力するだけで「借り入れ可能額」がわかり、最短2日で入金されサービスです。

今回は株式会社クレジットエンジンの内山誓一郎社長に直接お話を伺い、「LENDY」の利用方法や仕組みについて教えて頂きました。

ー初めに「LENDY」について教えてください。

内山 一言で言うと”オンライン融資サービス”です。
申請から最短2日で借り入れが可能になります。パソコンやスマホから簡単な情報登録(※)をして頂くだけで、借り入れ可能な金額が画面に表示されます。

※事業形態と利用者の基本情報、店舗名を登録後、本人確認書類などが必要となります。


ー「LENDY」を立ち上げた経緯を教えて頂けますか。

内山 きっかけとなったことは2つあります。一つは2012年、東日本大震災で被災した中小企業やお店の資金調達サポートをしたことです。
このとき気づいたのは、融資を得るための資料を上手く作った人が資金調達できる世界なんだということです。事業自体に価値があるのに資料を上手く作ることがきないから資金を調達できず、授業を再開できないという方が多くいました。
また、資料を作るのにも時間がかかりますよね。今すぐに事業を再開したいのに、資料作り、審査にも時間がかかってしまう。もっといい方法はないかなと思ったのが一つです。

もう一つはアメリカで仕事をする機会があったんですが、アメリカでは中小企業へのオンラインレンディングサービスが発達しているんです。中小企業の方が資金調達をしようと思った場合に、半分以上の方はまずオンラインサービスを見る、というレベルまで普及しています。それを目にしたときに”このビジネスモデルが日本にもあったらいいな”と思い、立ち上げに至りました。

借り入れだけじゃない!飲食店は「LENDY」をこう活用している

ー飲食店のお客様は多いですか。

内山 そうですね。今、利用して頂いているのは飲食店とeコマースのお客様が多いです。中でも飲食店のお客様は特に多いですね。

ーどんな使い方をされてるんですか。

内山 使い方としては大きく2種類に分けられますね。①急にまとまったお金が必要になった場合と②バックアップとして使う場合です。

①急にまとまったお金が必要になった場合
営業中に高額な機械が壊れた、急に客足が鈍り資金繰りに困っている、年度末でアルバイトスタッフが卒業してまとまった採用広告費が必要などの理由で使われる方が多いです。

②バックアップとして使う場合
個人経営のお店や中小企業は銀行で借り入れをできる枠が限られているので、まとまったお金が必要になったときに困る時があります。「LENDY」を利用すればすぐにどれだけ借りられるのか把握できるため、何かあったときの安心材料として使う方がいらっしゃいます。

ーバックアップという使い方があるのは意外でした。

内山 何かあったとき、いくら借りられるのか知るために使う方は多いです。審査が終了して実際の借入可能金額が確定しても、実際に借り入れをしているのは1/2くらいなんですよ。リスクヘッジのために使われる方が意外と多いんですね。

審査はこんなデータを使って行われている!

ー個人経営の飲食店の中には、紙や手作業で管理しているお店もあると思うのですが。

内山 確かにいらっしゃいます。オンライン上のデータがなくても確定申告書や口コミサイトを使って審査をすることもできます。
ただ、オンライン上のデータがあるお店に比べて審査や入金までに時間がかかってしまうのは事実です。様々な環境のお客様へのフォロー体制を作っていくのがこれからの課題です。

ー審査に使うレジやオンライン上のデータはなんでも対応しているのでしょうか。

内山 現在提供している「LENDY」は、ベータ版と呼ばれるテストの段階です。そのため、まだ対応できていないサービスもあります。
2017年内には正式版のリリースを目指しており、正式版はもっと多くのサービスに対応できるようにしたいと考えています。借り入れ可能金額も現在は100万円が上限なんですが、正式版では1000万円まで引き上げる予定です。

これからはお客様の事業が持続していくためのサービスを!

ーこれからは正式版のリリースに向けて動いていくんですね。

内山 そうですね。正式版のリリースが年内の一番近い目標ですが、まだまだ他にも僕達の持っているリソースを使って提供したいと思っているサービスがあるんですよ。

ーこれからの展望と合わせてそのサービスについて教えて頂けますか。

内山 今「LENDY」では審査段階でオンライン上にあるお客様の情報が集まっていますよね。
その情報をわかりやすく整理してお客様の会社やお店に役立つサービスを提供したいと思っています。例えば資金繰りや繁忙・閑散期の予測を目に見えやすい形でお伝えできるのではないかと。
僕たちのサービスは資金を貸すだけでなく、中小企業や飲食店の人が事業運営を持続できるようにサポートすることを役割としていきたいんです。
また将来は銀行と提携して、僕達の実績やデータ、ビジネスモデルを役立ててもらいたいと考えています。大きな銀行と提携することで、今手の回っていない企業や始まったばかりの事業のお手伝いもできればと思っています。

あなたのお店でも「LENDY」を導入してみては?

【favyオフィスにてインタビューさせて頂きました!ありがとうございました。】

リリースからわずか4ヶ月で多くの飲食店や中小企業を助ける「LENDY」。内山社長の言葉には、ただ資金を貸すだけでなくお客様の事業運営のための強い気持ちがありました。
これからサービスの発展と共に助けられる飲食店が増えると思います。
借入だけでなくバックアップなど用途によって様々なシーンで役立てることができそうですよね。ぜひ導入してみてはいかがでしょうか。

飲食店の店長・オーナーなら知っておきたい!今日からできる”無料”の集客方法3選

お店の認知から実際の来店まで、飲食店の店長・オーナーなら絶対にしておきたい集客方法をご紹介します。(すべて無料でできます。)他の業界に比べてかなり忙しい飲食店業界。この3つの集客方法さえおさえておけば、集客の基本はばっちり。そんな内容になっています。

1,メディアへの露出

集客を始めるにあたり、まず必要なことが”認知”です。お店のことを知らない人に、お店のこと知ってもらう必要があります。その”認知度”をあげるために効果的な方法が「メディアへの露出」です。

メディアへの露出方法は大きく分けるとふたつ。1つはテレビCMや新聞、雑誌などのメディアに広告を出す方法です。広告を出す側(お店)が、広告内容を決めることができるため、伝えたいお店の魅力や価値を多くの人に届けることができます。しかし、広告の出稿には多額の費用が必要となることが多く、現実的な集客方法ではありません。

もう一つの方法は、メディアに取り上げてもらい記事として露出する方法です。どうすれば”無料”でメディアに記事として取り上げてもらうことができるのか?ひとつの方法は、SNS(FacebookやInstagram、Twitter)を通じて情報を発信することです。インターネットの利用が当たり前となったこの時代、誰もが情報を発信することが可能です。お店の新作メニューやキャンペーン情報を継続的に発信することで、メディアから取材を受け記事に取り上げてもらえるきっかけを掴むことができます。

メディアに記事として掲載された場合、メディアを通すことでお店の情報が客観的な情報として読者に伝わるため、情報の信憑性が高くなるといったメリットもあります。

”無料”でメディアに取り上げてもらうために、各グルメメディアが期間限定で行っている無料掲載キャンペーンに申し込むことも一つの方法です。掲載までに一定の期間は必要なものの、”無料”でお店が掲載されるチャンスなので、機会があれば申し込みましょう。無料のキャンペーンを利用して、出来る限りネット上にあなたのお店の情報を掲載しましょう!掲載数を増やすほど、多くのお客様にお店の情報が届くため、集客のチャンスが広がります。

 

2,ホームページの作成

メディアへの露出により”認知度”があがった後に、重要となる集客方法が”お店の情報を正しくかつ魅力手に伝えること”、すなわち「ホームページを作成すること」です。

メディアや友人の口コミからあなたのお店に行きたい!と思ったとき、その人は次にどうするのでしょうか?それは「ネット検索」です。行きたいと思ったお店の店名をスマートフォンなどで検索し、あなたのお店に関する情報を集めます。

どうでしょう?もしもその時にお店のホームページがなく、お客様にとって知りたい情報が手に入らなかったとしたら、せっかくのお店への興味が実ることなく終わってしまいます。初めてのお店に行くときは、誰だって少しの不安があるものです。好きな人とのデートや重要な取引先との接待ともなればなおさらのこと。ホームページを作成してお店の情報を正しくお客様に届ける必要があります。

また、お店のホームページがあれば、お客様はお店を友人に紹介するときにURLをコピペしてLINEで送信したり、時にはプリントアウトして渡したりすることもできます。

筆者に言わせると、ホームページほど効果的な集客方法はないと断言できます。広告掲載やFacebookなどでの投稿は、時間が過ぎていくとその効果がなくなってしまいますが、ホームページは永久的に残ります。もちろん日々新しいメニューやキャンペーン情報をホームページに追加すればするほど、ホームページの集客力はあがっていきます。

気になるのは、ホームページ作成に必要な費用と手間

ホームページの集客力は理解したけど、ホームページ作るのって大変でしょう?依頼するとなると多額の費用がかかるのでは?と思う方も多いはず。安心してください!この記事のタイトルは「飲食店の店長・オーナーなら知っておきたい!今日からできる”無料”の集客方法3選」です。無料かつ今日から簡単にできる飲食店のホームページ作成方法をお伝えします。

それが、無料のホームページ作成サービスを利用することです。しかも今回ご紹介するサービスは飲食店専用。飲食店がホームページを作るためだけに提供されているサービスがあります。それが「favyページ」です。「favyページ」とは、外食特化メディアfavyが飲食店向けに提供している無料ホームページ作成サービスです。

無料でどこまでできるのか?favyページの機能紹介

最初に言っておくと、飲食店のホームページに必要なすべての機能がfavyページにはあります。本当に無料で大丈夫なのか?まずはお客様がホームページに対して求めている・知りたい情報の整理から始めてみたいと思います。

お客様がホームページに求めている・知りたい情報は何だろうか?
・お店の雰囲気を知りたい
・お店のメニューを見たい
・おおよその客単価が知りたい
・お店へのアクセス方法、地図を確認したい
・予約方法が知りたい

ホームページを作成する際は、これらの情報を正しく掲載し、お客様にお店の魅力をフルに知ってもらう必要があります。

favyページを利用すれば、これらの情報を簡単に追加、しかもスマホから登録することができます。あなたは難しいWebサイトを作る必要はありません。最低限のシンプルな文章と美味しい料理の写真をアップするだけ。すべての作業がスマホで完結し、とても簡単です。そして無料です。まだホームページを持っていない人はもちろん、すでに持っている人もぜひこの機会にfavyページでお店のホームページを作ってみましょう。

3,Web予約機能

飲食店の店長・オーナーなら知っておきたい!今日からできる”無料”の集客方法3選」の最後、3つ目の集客方法としてお伝えするのが、Web予約機能です。うちのお店は全部電話で対応しているから大丈夫!と言っても24時間すべての電話に対応し予約を受け付けることは不可能です。お店に行きたいと思ったお客様が予約の電話をしたとしても電話にでることができなかった場合、それだけでお店に抱いていた興味が薄れてしまうことすらあります。

Web予約機能があれば、電話に頼ることなく24時間いつでも予約を受け付けることができます。また営業時間内においてもWeb予約から予約が入ることで、電話応対の負荷がなくなり、人件費の削減ができることもWeb予約のメリットです。

でもWeb予約サービスって利用するには結構お金がかかるのではないか?これまたfavyページで解決します。なんと無料のホームページ作成サービスfavyには、Web予約機能も付いています。また、既に他でWeb予約サービスを利用している方もURLを追加するだけで、ホームページとWeb予約を連携することができます。ホームページからそのままWeb予約ができることでホームページの集客効果が最大限となります。まだfavyページを持っていない方はぜひ自分のお店のホームページを作成してみましょう。

おわりに

日本全国には70万店もの飲食店があります。そして飲食業界においてはOPENから3年で閉店してしまうお店がなんと7割以上もあります。これからもお店を継続していくために集客力を維持することは最も大切な方法です。まずは、今回ご紹介した”無料”でできる集客方法を実践し、その効果を実感してみてはいかがでしょうか。もう一度伝えますが、すべて無料でできます。

プロパンガスが安くなる!? 『エネピ』のガス見積もりで経費削減を!

飲食店を営んでいると様々な経費が重くのしかかってしまいます。家賃や人件費に食材費。その中でも今回は「プロパンガス料金の節約」に焦点を当てたサービスをご紹介します。

利用料金が高いことで知られるプロパンガスです。しかしプロパンガスの販売会社は、利用者が自由に選ぶことができるのです。

あなたのお店にとって最安値で利用できるプロパンガス会社を見つけることが出来る、プロパンガス販売会社の一括見積もりサービス『エネピ』をご紹介します!
続きを読む →

【無料会員募集!】人気会員制仕入れサイト『スーパーデリバリー』をご紹介!

突然ですがお店の備品、どこで購入していますか?

お店を営んでいるといろいろな備品が必要になってきますよね。この季節は冬やクリスマスを感じさせるグッズを店内やレジ前に置いてみたりするお店も多いのではないでしょうか?

でもその備品、もしかしたら割高な価格で買っているかも?!

実は飲食店で使う備品はもちろんのこと、薄張りグラスなどを卸価格でしかも1点から購入することが出来る仕入れサイトがあるんです!

今回はそんな人気の会員制仕入れサイト、『スーパーデリバリー』をご紹介します!

人気の会員制仕入れサイト『スーパーデリバリー』とは?


今回ご紹介する仕入れサイト『スーパーデリバリー』。デサイン性の高い商品が多く、アパレルや雑貨系のショップから特に人気があります。

「自分のお店に合う商品が見つからない」
「仕入れたいけど値段が高い」

今までのネット通販ではこんなことがありませんでしたか? こんな悩みは『スーパーデリバリー』を利用することで全て解決することが出来ます!

『スーパーデリバリー』では毎日800商品以上の新しい商品が出品されているので、「いつ見ても同じような商品ばかり」ということがありません。

さらに商品を出展するのにも審査が必要です。その審査をくぐり抜けたメーカーだけが商品を出展できるので、クオリティの高い商品がたくさん集まっています。

会員制の『スーパーデリバリー』今なら無料で会員に!


そんな『スーパーデリバリー』。通常、サイトを利用するには月会費がかかります。

しかし今回、飲食店の方なら月会費が無料で利用できます。
さらに飲食店サポートを見てくださっている方限定で、商品購入時に利用できる1,000円分のポイントをプレゼント!


※上記のページからの登録が1000円分のポイントの特典対象となります。

ということで今回は『スーパーデリバリー』を運営する、株式会社ラクーンのプロモーションチーム、有本さんにお話を伺ってみました!

「飲食店の方にも備品を定価でなく業務用価格で買ってほしい。」

ーー『スーパーデリバリー』ではデザイン性の高い商品が多く、アパレルショップを中心に高い評価を得ていると聞きました。

有本:はい。弊社では商品ジャンルごとに専任のスタッフがおり、販売する商品のクオリティを維持するようにつとめています。

そのような取り組みもあって、アパレルショップをはじめ、雑貨屋さんなどの小売業の方からも利用していただいております。そして最近では嬉しいことに美容室で働いている方や飲食業の方からも弊社のアイテムを購入したいという声もいただいております。

弊社のサービスを幅広い方にご利用いただけるのは大変嬉しいです。

ーー飲食店からのお問合わせもあるんですね!

有本:はい、実際に『スーパーデリバリー』を利用してお店の備品を仕入れた飲食店さんを、弊社のブログでも紹介させていただきました。

飲食店の方に話を伺うとどうやら、お店の備品、たとえばレジ前に飾る季節グッズやグラスなどを定価で購入しているお店の方が多いみたいなんですよね。

しかし飲食業は競争も激しく、経費の管理も大変だと思うんです。なので『スーパーデリバリー』を通してお店の備品も定価ではなく、業務用価格で買える、ということを知ってほしいなと思っています。

ーー定価と業務用の価格だとどれくらい変わるんですか?

有本:もちろん商品によって、というところはあるので一律ではないですが、おおむね定価の50%〜60%で仕入れが出来ます。

たとえば、特に飲食店の方に喜んでもらえるのが「うすはりグラス」です。お店で「うすはりグラス」は利用したいけど、どうしても予算オーバーになってしまう。そんな方に、弊社で仕入れることが出来る「うすはりグラス」をご紹介するととても喜んでもらえますね。

ーーうすはりグラスって意外と結構な値段がしますもんね。

有本:そうなんですよ。だからこそ『スーパーデリバリー』を利用してお店の備品も業務用の価格で購入してほしいですね。

他にも弊社では飲食業の方にオススメしたい備品・商品を取り揃えております。最近では、第三のコーヒーブームも相まってドリップコーヒーに挑戦していようという方が増えてきました。そんな方にも有名メーカーの「HARIOさん」や「メリタジャパンさん」さんの商品も『スーパーデリバリー』で仕入れることが出来ます。

備品が褒められ、お客さまと会話するきっかけにもなる

ーー飲食店の方に『スーパーデリバリー』を利用していただいて、手応えみたいなのはありますか?

有本:そうですね、以前『スーパーデリバリー』をご利用いただいたお店の方に「お客さまからお店の備品をほめてもらった!」との声をいただきました。お客さまとの会話のきっかけにもなるようで、私どもとしてもとても嬉しかったです。

今後も今まで以上に質の高い商品数を増やし、飲食店の方がお店で使う備品に困らないようなサービスを提供していこうと思っています。

「お店の備品を購入するならスーパーデリバリー」と言っていただけるようにしたいですね。

お店の備品は『スーパーデリバリー』で!

今回はお店で使う、質の高い備品を業務用価格で仕入れることが出来る『スーパーデリバリー』にお話を伺いました。

たしかにお店の備品はついつい定価で買ってしまいがち。業務用価格で備品を購入できる『スーパーデリバリー』は飲食店にとっても嬉しいサービスですね。

今回『スーパーデリバリー』さんでは無料で会員を募集するだけでなく、下記のリンク先から登録を行うと購入時に使える1,000円分のポイントプレゼントをしていただけます。

今までお店の備品の購入先に困っていた方はぜひ『スーパーデリバリー』を利用してみて下さい!


※上記のページからの登録が1000円分のポイントの特典対象となります。

飲食店がメニューを改善する時に大切なことって? 〜観光地のおばちゃんに学ぶ〜

それは厳島神社でのこと。そこでおいしい飲食店を探しながらさまよっていたのですが、さまよい途中に気になったことがあります。

「なんで観光地のオバチャンって外国人とコミュニケーションをとれるのか?」ということです。

恐ろしき、ザ・英会話。
たとえ大学受験で英語をみっちりやったとしても、突然の英会話ではビビッてしまうこともあるでしょう。しかし!そこをニコニコ笑顔とオバチャンパワーでやってのけてしまう観光地マダムたち。
このスキル、ぜひ飲食店サポートにも分けて頂戴!

というわけで、あなご飯やもみじ饅頭をたべるふりして観察しておりました。

観察していて気づいたこと

観察していてわかったのは、ずばり「メニューの完成度が高い」ということ。
外国人慣れした飲食店にとって、メニューとは「外国人でもわかる料理説明ツール」だったのです。

しかし、完成度が高いといっても難しいことではなく。結論から言えば、「写真でわかりやすく見せている」ただこれだけ。
たったひとつの事実で、オバチャンたちはスムーズにコミュニケーションできています。

では、飲食店において、全てのメニューに写真を載せるとどういいのか。その理由をご紹介しましょう!

全てのメニューに写真を載せるべき理由


案内の間違いを減らす。
案内の時間を短縮する。この2つの点において、写真を網羅したメニューは有効です。

オーダーミスやトラブルを防ぐ。
1グループのオーダーに10分かかる、なんてタイムロスを無くす。具体的にはこんないいことがあります。
メリットを3つにまとめてみたので、順に御覧ください。

具体的なメリットとは…?

・選ばせるのが簡単


当然ですが、言葉で説明するより簡単です。間違いもありません。
案内を省略できるので、特別な対応が必要無くなります。

・whatの質問を使わなくて済む

whatやhowなどの質問を使わなくて済むのも魅力です。
例を出すと、What do you like?(何が好き?)等。なぜなら、自分の知らない単語がどんどん出てくる可能性が高いからです。

例えば、飲食店にきた外国人のお客様に対して「何が食べたい?」と聞いたとします。するとお好み焼きを食べたい外国人の方が、英語で「小麦粉をどろどろに溶かして、海産物や肉と一緒に鉄板で焼いたもの」と答える。

果たして、これを英語でしゃべってもらって理解できるかというと、、、相当得意な方でない限り、難しいですよね。
whatは返ってくる内容を予想できないので、結果的に幅広い英語の知識を求められてしまうのです。

そんなことで混乱しても良いことなんてないので、写真付きのメニューを使って見せてあげましょう。
そうすれば、英単語の語彙力で悩む必要はありません。

・相手も写真で理解している(単語を知らない)ことがある

観察していると、多くの外国人は事前に食べたいものを調査済み、という事実が判明。
ガイドブックで調べている方もいらっしゃいますが、最近ではスマートフォンやタブレットを使って調べている方も多数います。

iPhoneなどのデバイスを使って見せてくれることが多いので、びっくりしないようにしましょう!
(若者に多し)

こういう方は、単語ではなくイメージで理解されていることもあります。
「お好み焼きとたこ焼きの写真を見せられたらどちらがお好み焼きかはわかる。
でも、お好み焼きという単語は知らない」ということもありえるのです。

だからこそ、iPhoneとメニューを照らしあわせることのできる環境を作ってあげましょう。
「求めていたものはコレだ!」をスムーズに提供してあげるために!

おすすめメニューは大きな写真で「壁に貼る」

「浅草なら天ぷら」「広島ならカキ」「大阪ならたこ焼き」など、明確なおすすめメニューがあるのであれば、それを大きな写真でプリントしてカベに貼るのも良いと思います。不慣れな観光客の方からしてもわかりやすいですし、写真のおすすめを目当てにしていれば、ものの数秒でオーダーが決まります。

居酒屋を思い出していただければ分かりやすいかもしれませんが、おすすめメニューってカベに貼ってあったりしますよね。
しかも、オーダーが決まってなくてもとりあえずアレ!みたいな感じで注文する人いますよね!デザインとの相談になりますが、いいと思います。

おわりに

今回は観光地のおばあちゃんに学ぶメニュー作りについてご紹介させていただきました。田舎のお店だとあなどることなかれ。そこにはどの飲食店でも応用できそうな事がたくさんあります。

これからは外国人のお客さまも無視できなくなってくると思います。そんな時、この記事を参考にしてみてはいかがでしょうか!

※当記事は、2014年4月10日に公開された「【飲食店経営】飲食店がメニューを改善する時に大切なこと〜観光地のおばちゃんに学ぶ〜」(執筆者:野島 翔平)のタイトル・内容を一部編集したものです。

光熱費は削減したいけどLEDは高い? だったらLEDレンタルサービスがオススメ!

お店の光熱費対策、どうしていますか?

2016年4月からは電力自由化も始まり、飲食店の光熱費の見直しをしている方もいらっしゃると思います。

しかし光熱費を削減するには何も電力自由化で電力会社を変えるだけではなく、使っている電球を変えるだけでも出来てしまうんです。でもLEDの電球ってまだ高いですよね。

そこで今回はLED電球をレンタルすることが出来てしまうサービスをご紹介します!
続きを読む →

夢の飲食店開業! 『事業計画書』ってなんで書くの? 何を書けばいいの?

夢の飲食店開業!お店のコンセプトがビシっと決まったら次はいよいよ『事業計画書』を書きます。

しかしこの『事業計画書』、何を書けばいいかご存知ですか?なかには「そもそもなんで書く必要があるの?」なんて方もいらっしゃると思います。

そこで今回は『事業計画書』の書くべき内容はもちろんのこと、書く理由についても答えてみました!
続きを読む →

素敵な服で楽しく仕事をしよう!飲食店向け制服作成・販売サービス3選

最近の飲食店は、美味しい料理や素敵なサービスだけでなく、様々な場面で個性を出されているお店が多いですね。

その中でも特に気になるのが「制服」です。

ラーメン屋や居酒屋、カフェなどでは、みなさんお揃いのカッコいい(カワイイ)Tシャツやポロシャツを着て、元気に営業されているお店もかなり増えてきましたね。

そんな「制服」に関して、色々な悩みを抱えている飲食店様向けに、本日は制服の作成・販売サービスをご紹介していきたと思います。
続きを読む →

夢の飲食店開業! 飲食店の営業許可ってどうすればもらえるの?!

「いつか自分の店を持ちたい!」

料理人の方なら、誰でも目標とする夢でしょう。しかし飲食店を開業するには、具体的にどのような準備が必要なのでしょうか?

今回は開業に必要な準備の1つ『飲食店営業許可』についてお話ししたいと思います。
続きを読む →