渋谷区主導の飲食サブスクリプション「渋パス」が11月19日より運用開始。渋谷区内の加盟店で横断的に利用できるサービスで飲食店活性化を支援

渋谷区主催のサブスクリプションで区内の飲食店を支援

食マーケティング総合企業の株式会社favy(代表取締役社長:高梨巧、本社:東京都新宿区)は、渋谷区が主導し、サッポロビール株式会社、株式会社ポニーキャニオンとともに推進する「飲食店支援プロジェクト」において、月額750円(税抜)で渋谷区内の飲食店を横断してお得に利用できるサブスクリプション(月額定額制)サービス「渋パス〜美味しい渋谷区パスポート〜」を2020年11月19日(木)よりサービス提供開始します。
渋谷区の飲食店は「渋パス」を導入することで新規顧客獲得や常連顧客化が期待できるほか、会員が来店する都度、一定の売り上げが期待できます。
会員券の売上の一部は加盟飲食店に還元されるため、飲食店の収益改善にも繋がります。

GoToEatキャンペーンとの違い

現在、農林水産省による「GoToEatキャンペーン」が全国的に実施されていますが、GoToEatキャンペーンは消費および来店喚起を目的とした「食事券」と「オンライン予約ポイント還元」の事業です。
渋谷区が実施する「渋パス〜美味しい渋谷区パスポート〜」は、渋谷区の飲食店を対象としたサブスクリプション(月額定額制)のサービスとなり、飲食店にとって継続的な売上の仕組を作るとともに来店客の常連化のきっかけとなる施策となることを目指しています。

サブスクリプションサービスの主な内容について

目的

渋谷区の飲食店で利用できる「飲食店サブスクリプション」を実施することで、渋谷区と事業者が協働して渋谷区の食の魅力を発信、飲食店の利用を促進し、コロナウイルス感染症により大きな影響を受けた渋谷区内の飲食店の活性化を支援します。

内容

渋谷区内の飲食店で横断的に利用できるサブスクリプション型のサービスとして「渋パス〜美味しい渋谷区パスポート」を実施。会員になったお客様がお店に来店した際に「渋パス」を提示すると、ドリンク1杯無料など店舗ごとの特典を得ることができます。
会員券の売上は登録された飲食店に還元し、飲食店の収益の改善と来店客数の増加を支援します。
飲食店におけるサブスクリプションサービスはツール利用料金を飲食店が負担することが多いのですが、本キャンペーンでは飲食店はツール利用料の負担なく参加できます。

会員券の申し込み、および利用期間

2020年11月19日より2021年3月31日

会員券価格

月額750円(税抜)
※12月23日までは初月割として月額500円(税抜・2ヶ月目以降は750円)となります

対象店舗

渋谷区内の飲食店(詳細条件は申込時のフォームをご確認ください)

お客様と飲食店のメリット

【お客様】

・会員費の支払いで、渋谷区内にある対象飲食店をお得に利用できる
・対象店舗が複数あるため、自分の好きなお店を選択できる

【飲食店】

・新規顧客の獲得、顧客の常連化、来店時商品購入による売り上げ増
・継続的な会員費収入(一部手数料除く)
・ツール負担なしでのサブスクリプションサービスの導入ができる

渋谷区の飲食店様の参加お申し込み

渋谷区の飲食店様の参加お申し込
下記URLより情報をご入力の上お申し込みください。

https://form.run/@shibupass-shopentry

参考:定額会員券(サブスクリプション)について

サブスクリプションとは、消費者に利用期間に応じた「会員費」を事前に支払う代わりに、飲食店への来店の際に特典や割引を受けられるサービスです。
今回の「渋パス」では事前に登録された渋谷区内の飲食店を横断的に利用でき、お店ごとに異なる特典や割引を受けられます。
「会員費」から決済手数料やシステム維持に必要な費用を除いた残額は、登録された飲食店に還元する仕組みです。