615 views

水道にポン付け。水洗いだけで洗浄殺菌が可能になる「ピュアスター」

食品工場レベルの衛生管理を手軽に実現。

希釈の必要も、乾燥を待つ必要もなく、匂い残りもないので水道水のように手軽に殺菌できる「微酸性電解水生成装置 ピュアスター」のご案内です。

設備改修のような大規模工事は不要。簡単作業で水栓に設置するだけで、水道水とお同じ手軽さで使用できます。
「ピュアスター」が生成する「微酸性電解水」は食品添加物指定もされているので口にしても安全です。
そのため、水洗い感覚で飲食店の衛生管理を実現します。

殺菌効果が高いのに水のように安心安全に使える

ピュアスターが作り出す「微酸性電解水」は、従来の「アルコール」や「次亜塩素酸ナトリウム水溶液」よりも手軽に使える上、「高濃度塩素系殺菌料」のように設備に影響を及ぼす事もありません。
塩素系殺菌料でありながら、手や食材、設備への影響を心配する必要がなく、厨房器材のウイルス対策を「水洗い」だけで対応できるのが「ピュアスター」が作る「ピュアスター生成水(微酸性電解水)」です。

何故「ピュアスター生成水」は安心なのか

ピュアスターはもともと食品工場の衛生管理のために開発されました。
工場の機材や床などのあらゆる場所を「ピュアスター生成水」で洗浄するだけですすぎの必要もなく、除菌を実現します。

しかも、「ピュアスター生成水」は塩素臭などの匂いも殆どなく、食品添加物に指定されていることもあり、厨房設備やフロアの什器だけでなく、食材の洗浄にも使用することができます。

導入飲食店の声

実際にピュアスターを導入した飲食店『re:Dine GINZA』の事業責任者:米山 健一郎氏に感想を聞いてみました。

ーー最も小型の「μ-CleanⅡ(ミュークリーンⅡ)」を導入されました。導入にあたっての感想はいかがでしょうか?
米山:キッチンの水道に接続する形で導入しています。機械はシンク下に置けるサイズだったので、水栓とコンセントから電源(100V)をつなぐだけで使えるので、簡単に導入できました。

厨房内、μ-CleanⅡ設置の様子:シンク下に設置

ーー具体的にどの様に使用していますか?
米山:「食材の洗浄」「ダスターの洗浄」「スプレーに詰め替えて店内の清掃」などに使用しています。
様々な食材を使用するので、匂い残りの心配なく水道感覚で使えるのはありがたいです。

使用例:匂い残りなく除菌できるので食材にもそのまま使用できる。

また、キッチンのみでなく、テーブルや床などあらゆる場所の清掃に水道水代わりに
使用することで除菌できるので非常に使いやすいです。

使用例:『re:Dine GINZA』で実施中の「サラダビュッフェ」の野菜洗浄に使用

re:Dine GINZAでは産直野菜のサラダビッフェを行っています。
無農薬野菜も多く、野菜の味を損なわず殺菌洗浄出来るので非常に重宝しております。

ーーノロウィルス対策などで多くの飲食店に採用されている次亜塩素酸ナトリウム水溶液と比較して、使いやすさに違いはありますか?
米山:次亜塩素酸ナトリウム水溶液のように塩素臭が残る事もありません。
敏感な方は若干塩素臭を感じる事があるようですが、水拭きと同様に乾燥すれば匂いも消えます。薬剤でスタッフの手が荒れる事もなく、使い勝手は非常に優れていると思います。

使用例:ピュアスター生成水をスプレーに入れ、店内の拭き掃除に使用。水拭き感覚で除菌できる。

ーーピュアスターは機種によって生成能力が違いますが、一番小さな機種を使用していて、不足を感じる事はありますか?
米山:導入機種(μ-CleanⅡ)は1日あたり3トンの生成能力があります。現在は一般的なカフェ業態よりは水の使用量が多いかと思いますが、生成水が足りなくなった事はないです。

使用例:充分な生成量があるので、手指の洗浄など気軽に使用できる。

ーー導入から半年ほど経過していますが、液剤(ミュークリーンメイト)はどのくらい消費するものでしょう?
米山:ミュークリーンメイトは1パック1kg程度なのですが、1ヶ月に1度補充しています。月に1度、パックを入れ替えるだけなので、あまり苦労はしていません。

「微酸性電解水生成装置 ピュアスター」

お問い合わせはこちら

★★★販売開始から20年を超える信頼と実績あり★★★
森永乳業の工場の衛生管理をする為に開発された微酸性電解水生成装置
■商品特性について
○微酸性電解水は食品添加物殺菌料に指定されており、食材はもちろん、厨房内で使う調理器具類、床壁清掃などにも幅広く活用できます。
○主な食中毒菌(大腸菌0157、黄色ブドウ球菌等)やノロウイルス、インフルエンザウイルス、カビにも効果があります。
○塩素系殺菌料でありながら、低濃度で塩素のニオイも少ないため、作業者への負担も少なく、調理作業中でも除菌作業が可能になります。
○装置のセンサー部に手をかざすだけで微酸性電解水が出てくるため、殺菌料薬剤の希釈の手間を省き、濃度管理も楽になり、従業員の衛生作業の均一化に貢献します。
○使用方法は、対象物の汚れを落とした後のすすぎ水に微酸性電解水を活用するだけ。日常作業の水すすぎが除菌作業になります。
■スペックについて
[品番:P2A ]
[製品サイズ:幅287×奥行150×高297 ±5(mm)]
[本体重量:2.7kg]
[容量:1時間あたり300L 微酸性電解水生成]
[素材:プラスチック(ABS)]