1,667 views

【集客効果あり】飲食店がTwitterを活用すべき3つの理由とは?

飲食店を運営していく中のひとつの課題「集客」。グルメサイト、チラシ、ネット広告など集客の方法は様々です。そのひとつとして軽視できないのがSNS運用。今回は、特にTwitterについてその活用すべき理由についてご紹介したいと思います。

飲食店のオーナーさん・店長さんにもTwitterを利用している方は多いかと思います。世界では減少傾向にあると言われているTwitterですが、TwitterJapanが2016年2月に公式発表したデータによると1ヶ月間でTwitterにログインした月間アクティブユーザー数はなんと3500万人!単純計算すると日本人のうち4人に1人がTwitterを利用していることとなります。

お店の最新情報をお客様に届けることができる。

shutterstock_202781149

そもそもTwitterとは何なのか?「ツイート」≒「つぶやく」。ざっくり言うとTwitterとは140文字以内の短いテキストを入力してフォロワーと共有するコミュニケーションサービスです。Twitterを通してフォロワーにお店の営業情報やキャンペーン情報、新メニューの告知などを実施することができます。

こちらのツイートでは、お店のお得なキャンペーン情報をTwitterを通じて配信しています。ツイートを見たお客様がいいねやリツイート、来店につながることも。ツイートの質、頻度を上げるほどにフォロワーも増えて集客に繋がります。

飲食店のホームページが無料で作成できるfavyページはSNSと連携し自動配信できます。ホームページのお知らせ配信を更新するだけで連携したお店のTwitterやFacebookに自動投稿することができます。

飲食店のファンを増やすことができる。

shutterstock_56785978

Twitterは”つぶやく”だけのサービスではありません。TwitterユーザーのTwitterのもう一つの使い方がリアルタイムの「検索」です。

例えば、外出先で同時刻に開催されているサッカー日本代表戦の結果を知りたい場合、「日本代表」と検索すれば日本代表に関するつぶやきをしている人のツイートを集めることができ、試合結果を知ることができます。

このTwitterの検索機能を飲食店に活用することで、お客様が自分のお店やメニュー対してどう思っているかを確認することが可能です。

お店の営業後に自分のお店の店名や名物メニューのメニュー名でTwitter検索をしてみてください。来店されたお客様がTwitterの利用者であればあなたのお店やメニューに対する感想や口コミをTwitterに投稿していることかと思います。

もしあなたのお店に関するツイート投稿している人をTwitterで見つけたらいいねやフォローをすることはもちろん「本日はご来店ありがとうございました。またのご来店お待ちしております」などのリプライ(返信)をTwitter上でしてみましょう。リプライされたお客様はお店から返信をもらった驚きと嬉しさからお店への好感度が上がり、再来店やファン化に繋げることができます。

Twitterの検索結果から得られた口コミや感想に対してアクティブサポート(フォロー)を継続することで、お客様との関係がより密なものとなります。積極的にコミュニケーションを継続しましょう。

新しいメニューやキャンペーンのネタを集める。

pixta_773813_s

普段からTwitter利用することで、世の中のトレンドや今盛り上がっている話題などを知ることができます。複数のグルメメディアや有名なグルメブロガーをフォローすることで今一番ホットなグルメ情報や話題のスポットに関する情報をGETできます。

また、YahooJapanのリアルタイム検索では、気になるワードがどれだけ話題なのかをTwitter上でのツイート数から調べることができます。Twitter上でのトレンド値を知ることで、これから提供するメニューや食材が実際に集客力のあるメニューになるかどうか事前に予測をたてることができます。

おわりに

今回は、飲食店がTwitterを活用すべき理由とその活用方法についてご紹介しました。重要なことは、継続的にお店の公式Twitterを定期的に更新し(可能であれば毎日更新)、お店に来店されるお客様と密にコミュニケーションをとることです。ぜひTwitterを活発に使ってみてください。

 

favyページでは、Twitterにかんたんに連携・自動配信が可能です。↓↓↓