1,276 views

ガス自由化がいよいよスタート!今さら聞けない電力自由化をもう一度おさらい!

2016年4月に電力の自由化が始まり、来年の4月からは都市ガスの自由化も始まります。
そこで今回は改めて、いまさら人には聞けない『電力自由化』をもう一度おさらい。
『電力自由化』と来年の『都市ガス自由化』でお店のコストを効率よく削減する秘訣をご紹介します!

もう一度おさらい。電力自由化とは?

今さら聞けない電力自由化をおさらい
電力自由化は今まで寡占状態だった電力市場参入を緩和し、様々な企業が電力の供給を行えるようになりました。
競争が活発化して電気料金が下がるだけでなく、料金プランが増えることで電力の消費量が減り、省エネにつながるとの意見もあります。
飲食業界で例えると、吉○家が牛丼市場を独占していた場合の状況が電力自由化をする前の状態です。
そこにす○家や松○が参入し、値下げ合戦やサービスの向上などが起きた状態が電力自由化をした今の状況に当たります。

飲食店にとっての電力自由化で起きるメリットは?

電力自由化は何故するの?
飲食店の方にとって一番のメリットは何と言っても光熱費が安くなることです
ガス料金とセットで契約することで安くなる「セット割」や
深夜営業がメインなら昼は高く夜が安いプランにするなど
お店に合わせた電力プランの契約をすることで光熱費の削減が出来ます。

じゃあデメリットは?

電力自由化のデメリットとは?
1つ目は、個人店などはあまり恩恵がないところです。
基本的に電力自由化では使えば使うほどお得になる事が多いので、
元々電力の消費が少なかった個人が経営する飲食店ではあまり恩恵を受けられません。

2つ目はIHやオール電化が主体の飲食店です。
新しい会社にオール電化向けのプランは少なく、各地域の電力会社のオール電化向けプランが一番安くなることが多いので
逆に光熱費が高くなってしまう可能性があります。

3つ目は、契約していた電力会社が万が一潰れてしまった場合はもう一度電力会社を探さなくてはいけません。
とは言っても倒産するからと言ってすぐ電気が止まってしまうわけではないので安心して下さい。

新しい電気会社に乗り換えるのはとても簡単!

電力会社の乗り換えはとても簡単
「メリット・デメリットは分かったけど実際にやってみると面倒くさいんでしょー」と思っている方に朗報です。
電力会社の切り替えは携帯会社を変えるより簡単なんです!
ここでは電力会社切り替えに必要なことをQ&A方式で紹介します。

Q1 いま契約してる電力会社への解約届はどうやってやるの?
A. 解約届はいらないんです。新しく契約する会社が全て行ってくれます。

Q2 電気の供給はちゃんと出来るの?SIMフリーだと遅くなるとか聞くけど。
A. 基本的に電力会社と同じ設備を使ってお客様に届けられています。
なので、電気の品質や信頼性は同じです。

Q3 工事費用はいくら?
A. 基本的にかかりません。無料です。ただし一部会社で事務手数料が必要なのでしっかり確認してください。

Q4 電気メーターはどうなるの?
A. 電気メーターに関しても何かすることは一切ありません。
スマートメーターへの切り替えが必要ですが立会なども不要。
知らない間に終わってたというケースも有るほどですよ。

Q5 電力会社切り替えに必要な書類は?
A. 必要な書類は基本的に2点だけ。最近の検針票と本人確認書類です。

つまり電力会社の切り替えですることは申込みだけ!とても簡単です!
ただし一部電力会社で2年縛りや解約手数料がかかってしまう電力会社も有ります。
契約時にしっかり確認して下さい!

しかも電気代が安くなるかどうかも簡単にわかる!

電力自由化で安くなるかどうかは簡単にわかる
さらに電気代が安くなるかどうかも簡単に分かります。
今回は「ガス代とのセット割」でおトクになる東京ガスさんの無料見積もりサービスをご紹介します。
東京ガスさんには2年縛りや解約手数料などは一切かからず、
簡単にシミュレーション・契約が行なえます。
以下のフォームよりぜひ、お店の光熱費が抑えられるかどうか確認してみて下さい。
1.お電話でお問い合わせ後、FAXで電力検針票を送付
電話番号:050-5806-1253
FAX番号:03-4579-0578

2.下記のフォームよりお問い合わせ
※電力とガスの検針票を必ずご用意ください。
※ご不明点がある場合はお電話ください。

無料見積もりはこちら