2,167 views

スタッフが長続きする飲食店ってどんなお店?

採用難や人材流失により人材不足になりがちな外食産業。
そこで今回は採用したスタッフやアルバイトの定着率を上げる「お店づくり」の方法を考えてみました。
スタッフがすぐ辞めてしまったり、人が足りないという飲食店の方、
そしてこれからお店を開業しようとしている方はぜひ参考にしてみて下さい!

まずは形から。制服をオシャレに!

改善は形から
こうゆうのはまず形から入るのが一番手っ取り早いです!
離職率が低いと言われているスターバックスコーヒーでは、支給される制服はエプロンだけです。
汚れやすい飲食店で同じことをするのは難しいかもしれませんがオシャレな制服は働きたくなる
お店作りの第一歩!
せっかく働くならオシャレな制服が良いですよね。

スタイリッシュな制服や

スタイリッシュな制服
白を貴重にした制服が多いからこそ、黒の制服にするだけで差別化に!?

ジャパニーズモダンな着物風の制服は外国のお客様に好評!

飲食店で和モダンな制服を着る店員さん。
和食がメインなら和モダンな制服がおすすめ。
制服の管理や着衣が少し大変ですが、外国からのお客様の評判もいいみたいです!

カジュアルなものまで

Barista Parepare Coffee Working Order Concept
Barista Parepare Coffee Working Order Concept

カジュアルなレストランやカフェなら個性や自由度を取り入れた制服も良いかもしれません♪

採用にも一工夫!「なんか違う」を少しでも減らそう!

Pretty woman greeting her partner in cafe
Pretty woman greeting her partner in cafe

良いスタッフを雇えたとしてもすぐ辞めてしまうというケースが多くの会社で起きています。
せっかく時間と求人の広告費をかけたのに結局人が増えなかったらすべてが無駄になってしまいます。
かと言って忙しい中で面接を何回も繰り返すのはそれだけで大変。
なので面接は2回に絞って行うのがいいと思います。

最初の面接内容はいつもどうりで!

始めの面接はいつもどうりに。
志望動機はもちろんのこと、会社のルールや社風を伝えましょう。

2回目は現場のスタッフと一緒に。

人材のミスマッチを防ぐには二回目の面接が大切です。
実際に一日、一緒に働いてまかないを食べたりして現場に馴染めそうか、
一緒に働きたいかを見てから採用すると
「働いてもたけどやっぱり違った」を減らせます。
騙されたと思って一度試してみて下さい!

スタッフの教育は根気よく丁寧に。

飲食店で行う新しいスタッフに対する人材紹介
スタッフ・人材教育で大切なのはたった一つだけです。
怒らず根気よく何度も教えて下さい。
いい職場だと思ってもらえれば知人などを紹介してもらえることもあります。
求人サイトに自分のお店を掲載してもらう手間をなくせます。

初日は特に大切、この日だけはお客様だと思って歓迎を!

いざ入社が決まり初日を迎えます。
ここで気をつけたいのが

  • 制服の準備をしてない
  • もはや制服が明らかに誰かの使い古し(せめて洗濯を・・・)
  • 他の従業員が新しい人が入ることを知らない

などの飲食店あるあるはないようにしましょう!
最初に日はお客様だと思って新しいスタッフを歓迎して下さい。

ハウスルールはシンプルなものを!長いものは不要

従業員同士が気持ちよく働くためのマニュアルとしてハウスルールを導入するお店が増えてきています。
しかしあまりに長すぎるハウスルールは読んでもらえません。
あなたも長ーーいハウスルールは読みたくないですよね?私もです。
ハウスルールは7〜10項目程度で簡潔なものに。

おわりに

これからの採用やスタッフがすぐ辞めないお店作りの参考にはなりましたでしょうか。
貴重な時間やお金を無駄にせず、効率的にスタッフを採用して
楽しく働ける環境にしていきましょう!